令和から始める日本酒生活

令和から始める日本酒生活

日本酒の魅力を少しでも伝えたい|一人の日本酒好きが送る日々のお酒レビュー

「総乃寒菊 OCEAN99 銀海 -Departure- 純米吟醸 無濾過生原酒 R2BY」なめらかで透き通った旨味を感じさせる純米吟醸

f:id:wasavinaduke:20211022000134p:plain

こんにちはー、わさびです。
今回は人気爆上がり中の銘柄『総乃寒菊』より「OCEAN99 銀海 -Departure- 純米吟醸 無濾過生原酒 R2BY」を紹介します。

自分が初めて寒菊を見たのは令和に入ってからでしょうか?ここ1,2年という短い期間で都市圏の酒屋を中心に一気に拡がりを見せた印象があります。

寒菊の中でも特に人気の高い”OCEAN99”シリーズは季節ごとに様々な表情を見せる九十九里海岸を意識した季節限定酒で、今回いただく 銀海 -Depature- はラベルに描かれた飛行機にあるように新たな出発を意味するそうです。

甘旨酸のバランスが整ったクリアな味わい

  • 精米歩合:55%
  • アルコール度:16%
  • 製造/開栓:20.12/21.01
  • 購入店:佐藤酒店(小金井)

グラスに口を近づけると控えめながら青リンゴやマスカット系のフルーティな香り。これくらいの香りが上品で個人的には好きですねー。

フレッシュ感はありますがそこまでピチピチ感はなく若干シュワっと感じすぐに消える程度。一方味わっていると”これ本当に新酒なの?!”と言いたくなるくらい角が丸くこなれた感じもします。

味わいとしては甘味、旨味、酸味がバランスとくまとまっておりフルーティで飲みやすい。ただモダン酒にありがちなジューシーなタイプとは違い酸味は控えめでなめらかです。雑味もあまり感じられずクリアーな甘味旨味を楽しめます。余韻にかけてキレも感じられダレずに飲めます。

口に含んだ瞬間どこどなーく穀物的風味(酒粕っぽさ)を感じたのでクリームチーズ酒粕に二晩漬けこみクラッカーとともにいただきました。漬け地と一緒に食べると香りだけでなく少し苦味も感じますがそこら辺含めてよく合います!

というわけで注目株の総乃寒菊からOCEAN99 銀海 -Depature- でした。ちなみに今回紹介した寒菊銘醸さんですが、何でも蔵でのみ購入できる限定酒があるそうなので九十九里周辺を訪れる際はぜひとも訪れたいですね!

Memo
  • フレッシュ
  • バランスがいい

甘辛:甘| | |●| | |辛

濃淡:濃| | |●| | |淡

香り:穏| | | |●| |華

タイプ:モダン/ミディアム

おすすめの飲み方:冷酒

合わせた料理:クリームチーズ酒粕漬け

商品情報

f:id:wasavinaduke:20211022000149p:plain
f:id:wasavinaduke:20211029121950p:plain
f:id:wasavinaduke:20211022000124p:plain
特定名称 純米吟醸酒
原材料 米、米麹
原料米 酒造好適米
精米歩合 55%
アルコール分 16度
日本酒度 -
酸度 -

酒蔵情報

合資会社 寒菊銘醸
所在地 千葉県山武市武野里11
ホームページ http://kankiku.com/